社会保険労務士・行政書士
テクノート佐藤事務所
東京都大田区蒲田4‐19‐5-1205
電話:03-5480-4800

育児休業を取ろう! 


テクノートのスタッフは、皆、主婦ですから・・・
働いている時に妊娠し出産、
そして、現在、育児休業・・・子育て真っ最中です
元スタッフが
子供を連れて遊びに来てくれる日は、
とても賑やかなテクノートに早代わりです




産前産後休業中の社会保険料は?


平成26年4月1日より
産前42日(6週間)産後56日(8週間)
申し出ることにより
社会保険料が会社負担分も従業員負担分も免除になりました

なお、この免除期間中の保険給付・年金給付の取扱いは
    保険料を納付した被保険者と同じ取扱いになっています

育児休業制度について


   平成4年4月から1歳未満の子を育てる男女労働者は、事業主に
   申出ることにより、育児休業することができることとなりました
(注)育児休業の開始日は出産後8週間を経過した日です。

   この育児休業の申出があった場合、事業主は拒むことができません
   ただし、日々雇用される者と期間を定めて雇用される者は除かれています

平成17年4月1日から条件付で
1歳半まで延長することができるようになりました



育児休業給付金とは
 

   育児休業給付制度は、1歳半未満の子を養育するために
   育児休業を取得する被保険者に対して給付金を支給する制度です
   この給付を行うことにより、労働者が育児休業を取得しやすく、
   その後円滑な職場復帰を援助、促進することを目的としています

育児休業基本給付金
対象者 1歳半未満の子を養育するために育児休業を取得する雇用保険の一般被保険者の方で、育児休業前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヶ月以上ある方
支給額 原則として休業開始時賃金月額の50%
ただし、平成26年4月から最初の6ヶ月間は67%です

(注)支給単位期間(育児休業を開始した日から起算して1ヶ月ごとの期間)中に
   賃金支払日がある場合で、支払われた賃金の月額が休業開始時賃金
   月額の60%を超えるときは、支給額が減額され、
80%以上のときは、給付金は支給されません



出産手当金について


  健康保険には、被保険者本人が出産した場合に支給される
「出産手当金」があります

  出産手当金は、退職日までに1年以上継続して被保険者であった人が
  退職した場合にも、
退職日の翌日から6ヶ月以内に出産した場合にも支給されます

支給要件 出産手当金は、被保険者が出産のために会社を休み、事業主より給料を受けられない場合に支給されます
支給期間 分娩日(分娩日より遅れて分娩した場合は分娩予定日)以前42日(双子以上の場合は98日)から分娩日後56日
支給金額 1日につき標準報酬日額の3分の2



出産育児一時金について

出産育児一時金は、
被保険者及びその被扶養者が出産された時に
1児につき42万円が支給されます。
(産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は
39万円となります。) 

※多胎児を出産したときは、胎児数分だけ支給されます。



育児休暇中の社会保険料は?

平成17年4月1日から
育児休業期間等の保険料免除期間が
3歳まで延長されました


育児休業期間中は、申し出ることにより
社会保険料が会社負担分も従業員負担分も免除になります

    なお、この免除期間中の保険給付・年金給付の取扱いは
    保険料を納付した被保険者と同じ取扱いになっています



子の看護休暇

平成17年4月から
会社は小学校就学前の子を養育する労働者が
子の看護のために休暇を申出た場合には
1年間に5日(2人以上であれば10日)を限度として
看護休暇を与えなければならなくなりました
(1年間は4月〜翌年3月まで)

この休暇は、当日の急病等による申出の取得も可能です
また
業務の繁忙を理由に拒むことはできません